アンビリバボー アッシャー症候群で耳が聞こえない40歳のイギリス人女性ジョアン・ミルンが初めて音を聞いた動画 7月7日


生まれつき聴覚に障害が有る病気「アッシャー症候群」を患う40歳のイギリス人女性、人工内耳のインプラント治療で生まれて初めて「人の声を聞いた」時の瞬間動画が!
アンビリバボー(2016年7月7日)「音のトリックスペシャル」第2弾では、先天的に耳が聴こえなかったジョアン(ジョアンナ)・ミルンさんが人工内耳により初めて音を聴き取る奇跡の瞬間が放送されます。

スポンサードリンク

先天的に耳が聴こえないアッシャー症候群のイギリス人女性ジョアン・ミルンさん(40歳)

野外の音楽フェスティバルで楽しそうにリズムに乗っている女性が今回のアンビリバボーの主役です。

彼女は実は40年間耳が聴こえませんでした

それだけでなく実は目も殆ど見えないのです。

彼女の名前は、ジョアン・ミルン

そして彼女の患っている病気は「アッシャー症候群」と呼ばれ、極度の難聴に加え、視力も低下し、最悪視力まで奪われる病気です。

アッシャー症候群とは?

ステージはタイプ1~タイプ3まで3種類有り、ジョアン・ミルンさんは先天的に耳が聞こえないタイプ1″です。

タイプ1 高度な難聴が幼少期から発生 視覚障害も伴う(10歳前後より聴覚障害と併発する)

タイプ2 中程度の難聴が若年期から発生 視覚障害も伴う(思春期以降より聴覚障害と併発する)

タイプ3 思春期以降に難聴が発生し徐々に進行 視覚障害も同じ頃から伴う

アッシャー症候群 治療方法

視覚障害に関しては治療法は確立されていませんが、難聴に関してはその度合いにより補聴器人工内耳のインプラント治療などで対応します。

ジョアン・ミルンさんの人工内耳のインプラント治療

イギリス北東部のゲーツヘッド在住のジョアン・ミルンさんは、生まれつきの難聴で耳が聴こえず会話は相手の唇の動きで相手が何を言っているかを読み取る「読唇術(とくしんじゅつ)」(読話、口話)に頼っていました。

29歳の頃アッシャー症候群によりジョアンさんは視力を失い始めました。

視力に関しては殘念ながら治療方法はありませんが、耳に関しては人工内耳で聴こえるようになるので、2014年3月、人工内耳をインプラント治療で埋め込む手術を決意しました。

人工内耳は内耳の蝸牛に電極を埋め込み音を電気信号に変換し脳に伝達する仕組みです。

inplant

画像出典:dailymail www.dailymail.co.uk

ハードな手術も成功し、いよいよ人工内耳の電源にスイッチを入れる時がやって来ました!
ドクターが音が聴こえるかの確認を対話形式で行います。

ドクターが月曜日~日曜日まで曜日を淡々と曜日を読み上げると、ジョアン・ミルンさんは震え信じられないという表情をします。

感動で、体中が痺れているのです。

ドクターが話しかけます。

Can You Hear my Voice Comming Through・・・(私の声が聴こえ・・・)」

ジョアン・ミルンさんは、その問いを待ち受けていたかの様に質問を遮るよ言うに答えます。

Yes!

そしてこう思いました「人生の中で最高に感動的で圧倒的な体験だった」。

ジョアン・ミルンさんが40歳で初めて耳で音を聴いた時の動画

ジョアン・ミルンさんが40歳で初めて耳で音を聴いた時の感動の動画はこちらです。

動画Joanne’s Milne’s Implants are turned on and she hears for the first time.

この動画は、インターネットで瞬く間に世界中にシェアされ感動を呼びました。

スポンサードリンク

大好きな音楽を聴く

ジョアンさんは願います。

視力を失う前に歌手のポール・マッカートニーさんをこの眼でみたい!

歌手のポール・マッカートニーさんをその眼で見るのは未だ叶っていませんが、幼いころ姉が大好きだったライオネル・リッチーのライブをその眼で観て、そして耳でライオネル・リッチーの歌声を聴く事が出来たのです!

ジョアンさんの事を知ったこの音楽フェスティバルのプロモーターが音楽好きの彼女の為にチケットを手配してくれたのです。

その映像が先の動画で紹介した音楽フェスティバルでの映像です。

まとめ

最初に聴こえた声は、月曜日、火曜日・・・と淡々と看護婦が曜日を読み上げる声でした。

その音は甲高く、「げげげげげつつつつつよよよよううううびびびび」と言った様にろロボットの声がループしているように聴こえたそうです。

今まで想像上だけの音だった「照明を付けるスイッチ音」や、「水道水の流れる音」etc.全ての音が新鮮で、ジョアン・ミルンさんの心のライブラリーに音を記録する事を愉しむ毎日です。

しかし、聴力は人工内耳によって得ることが出来ましたが、聴力は段々視野が狭くなってきており、視力を失うのも時間の問題だともインタビューで語っています。

視力を失う前にポール・マッカトニーやリオのカーニバル、エジプトのピラミッドをその眼で見ておきたいと語っており、「限られた時間の中、毎日を大切に生きたい」との思いで残された日々を大切に生きています。

スポンサードリンク

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ