青空レストラン 寒ビラメ お取り寄せ/茨城県 ヒラメの一夜干し/レシピ 作り方 12月24日


青空レストラン(2016年12月24日・日テレ)は「茨城県のさかな」として認定されている「寒びらめ」をMC宮川大輔さんと演歌歌手・氷川きよしさんが釣り船「不動丸(ふどうまる)」で釣り対決です!
ヒラメは、茨城県で水揚げ高は、全国5位で冬の「寒びらめ」は出産前で脂がタップリで、旨味成分イノシン酸により蛋白で有りながら旨味タップリで堪らない味です。

お取り寄せと乾杯メニュー水分量が少なく一夜干しには難しい平目を使った希少な絶品「ヒラメの一夜干し」!

スポンサードリンク

寒びらめ

「寒ビラメ」は今回青空レストランが開店するで常磐と呼ばれる福島県から茨城県の海域や九州・長崎県で水揚げされる冬のヒラメで、青空レストランでは過去(2014年2月15日)にお笑いコンビ麒麟と共に長崎県平戸市で収穫しました。

福島県から茨城県で水揚げされるヒラメは地域の名前から「常磐もの(じょうばんもの)」というブランド名で親しまれています。

また、この海域で水揚げされる「寒ビラメ」は身がプリプリで、その理由は産卵の為に脂がのっているのは勿論の事、冷たい海水の水圧で引き締まっている事も挙げられます。

また、この海域は漁場としては、潮の流れの黒潮(日本海流)と親潮(千島海流)がぶつかる潮目に当たる為、海水に栄養分が蓄積される為、魚の餌となるプランクトンが発生する為、釣りや漁には最適な海域なのです!

また、乱獲を防ぐ為、30センチ未満「ソゲ」と呼ばれるサイのヒラメは採捕禁止で、売る事も、食べる事も禁止されており釣れた場合はリリースが義務付けられています

YouTube Preview Image

青空レストランで紹介される「寒びらめ」レシピ!

その旨味がシンプルに感じられ食感も絶妙な「ヒラメのお刺身/ヒラメ薄造り」

煽る事により香ばしさで食欲も増進する「エンガワの炙り握り」
ヒラメレシピの定番の柔らかさが引き立つ「ヒラメのムニエル」
ピリ辛感が蛋白な白身の味を引き立てる「ヒラメの明太天ぷら」

そして、乾杯メニューは、お取り寄せでも紹介される水分量が少なく一夜干しは難しいヒラメを使っての希少な絶品「ヒラメの一夜干し」です!

ヒラメの一夜干し[茨城県 地魚一夜干しセット(寒びらめ入り)] お取り寄せ

おろし方と絶品「ヒラメの5色握り」レシピ

動画:高級魚ヒラメを五食握りで!~鹿島灘でヒラメ釣り~【ふくだあかりの茨城を釣って食べよう】#2

YouTube Preview Image

※”セッションの有効期間がきれました。“と表示された場合は、品切れ、販売終了、販売期間前の状態です。

スポンサードリンク

まとめ

煽る事により香ばしさで食欲も増進する「エンガワの炙り握り」って堪らないですね~!

それからInstagramで見つけましたが寒平目はしゃぶしゃぶにして頂く食べ方もあるそうです!

こっちも味わってみたいレシピです!

本日は最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ