オマーン タイムール国王と日本人女性・大山清子の恋愛物語・ブサイナ王妃画像 アンビリバボー 2月4日


ペルシャ湾岸ホルムズ海峡に接するオマーン国の最大の貿易国は日本で
まだオマーン国がイギリスの保護国だった約80年前、お忍びで神戸を訪れた
タイムール国王が、ダンスホールで踊っていた19歳の少女大山清子さんに一目惚れしてしまいます・・・。

奇跡体験!アンビリバボー(2016年2月4日放送)では、「アラブ国王と恋物語日本人女性(秘)話・国境を越えた愛の物語・80年前のシンデレラ」
が放送されます。

スポンサードリンク

オマーン国王と税関職員 大山清子の出会い

大山清子さんは、神戸の税関に務めるOLで、ある日、ダンスパーティで
神戸のダンスホールを訪れれ、偶然、その場に、お忍びで日本の観光で神戸を訪れていた
オマーン国タイムール国王も、このダンスホールに現れ、
大山清子さんに一目惚れします。

タイムール国王は熱烈に大山清子さんにアプローチしますが、失敗します。

しかし、懲りずに日本滞在中に何度もアプローチし、やがて大山清子さんも惹かれていきます。

タイムール国王を大山清子さんの母親に紹介

結婚を意識し、大山清子さんは、タイムール国王に母親に紹介します。

しかし、いくら居留地が有り、外国の大使館も有り、外国人が多い神戸でも当時の
国際結婚は難しく、しかも中東の人は珍しく、母親からはタイムール国王が日本に永住するなら
という条件付を突きつけられます。

タイムール国王オマーン国へ突然の帰国

タイムール国王は、「日本永住の準備で身辺整理をしてくる」と言い残し、タイムール国王はオマーン国に帰国します。

この時、タイムール国王は自分がオマーン国の国王という事は話していませんでした。

大山清子さんもビジネスマンくらいにしか思っていませんでした。

半年の沈黙の後のプロポーズ

タイムール国王が帰国してしまい、中々連絡も取れずに半年が経ちました。

不安にかられる大山清子さん・・・

二人の仲はどうなるのか・・・?

遂に、大山清子さんの心配を他所に再びタイムール氏が来日し
大山清子さんにプロポーズし、母親も認め、

1936年5月5日、遂に二人は挙式をあげます。

長女節子が誕生!その祝福に現れたのは・・・?

そして、翌年長女節子が誕生し、

驚くべきVIPが祝福に現れました。

オマーン国サイード国王が二人の前に現れたのでした。

そう、実は、結婚の半年前タイムール氏がオマーン国に帰国したのは
国王の座を息子サイードに引き渡すための帰国だったのです!

その上オマーンは一夫多妻制で3人の妻がおり、
日本で結婚する事を告げる必要もあったのでした。

この時点で、やっと大山清子さんと母親は、オマーン国の国王で
国王の座を捨てた事を知ったのです。

kokuou

スポンサードリンク

歴史に翻弄される二人・・・

結婚生活も3年経った1939年11月、所要によりオマーン国にタイムール氏が帰国します。

その時、悲劇は二人に突然降りかかりました。

当時は難病であった急性腎盂炎(腎盂炎)で大山清子さんは、亡くなります。

失意のタイムール氏は、1940年9月娘をオマーン国の王妃とし、ブサイナ妃と名付け
「王族の財産をブサイナ妃に譲るため」オマーン国に一時帰国します。

まだ幼いブサイナ妃は、見送る大山清子さん三人の妹に

「トランクに赤ちゃんのラクダを入れて帰ってくるからね」

と言ってオマーン国に向かいます。

引き裂かれた日本とオマーン国の関係

しかし、歴史の悪戯は続きます。

1941年12月、太平洋戦争が勃発。

イギリスの保護国であったオマーン国にとって、日本は敵国となってしまいました。

日本への帰国も許されず、戦争が終わってもオマーン国内も不安定になり
大山家とタイムール氏、ブサイナ王女は、音信不通となりました。

遙かなる日本で母親の墓前で泣き崩れるブサイナ王女の姿が・・・

時は経ち、1971年 イギリス保護領より独立し、オマーン国は独立国となり、

1978年、ブサイナ王女は再び日本の土を踏み、母、清子さんが眠る兵庫県加古郡稲美町の墓を訪れ
故人となった母親と再会を果たすのでした。

まとめ その後のオマーン王族と日本との関係

1978年に墓前にお参りした後、ブサイナ妃と大山さんの家族とも連絡が無くなったのでしたが、
オマーン王族との日本関係は絶たれていた訳では、有りませんでした・・・。

2011年3月11日東日本大震災にオマーンからの義援金が

2011年3月11日、東北地方を東日本大震災が襲います。

壊滅的な被害を受けた東北地方への義援金が各国から集まり
オマーンは義援金の支払額が世界4位の額約8億円を寄付してくれたのです。

オマーン王族系企業からの東北支援

震災前2010年オマーン王族系の企業がアフリカ(アラブ)の耕作不適格地の土壌改良をする為に必要な移動式浄水器を
南相馬の「落合工機」に発注していました。

しかし、その後、2011年3月の東日本大震災で「落合工機」とその家族も被災。

倒産の危機を迎えますが、再びオマーン王族系の企業が入ります。

しかも26億円分のオーダーで内容は被災前の発注を上回る
700台の浄水器と14台の大型浄水器の大量発注でした。
(前回は小型浄水器24台)

この発注のおかけで、「落合工機」のみならず「落合工機」の協力会社(約20社)にも
部品調達のオーダーが回ることになり、活気づく事になります。

しかも、完成した浄水器は水に困っている被災地で使って、被災地が復興してから送ってくれれば良い
という心憎いオーダーだったのです!

お金をポーンと払って後は自分で使って下さい、という義援金でなく、
相馬市の復興に一役買う形で、自分の力で復興して下さいと言う応援の仕方なのですね!

オマーンと日本は、今でも繋がっているというエピソードでした。

アンビリバボー 金婚式でのサプライズ!孫娘から大好きなおじいちゃん、おばあちゃんの二回目の結婚式

スポンサードリンク

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

※画像出典:釣り 日常 システム 釣り馬鹿ボンのブログ
blogs.yahoo.co.jp/crazy_head_man

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ