アンビリバボー クリントン刑務所/米国ニューヨークから2人の囚人スウェット,マットが脱獄!50歳の女性職員ミッチェル画像!リアルプリズンブレイク? 画像!11月24日


アンビリバボー(2016年11月24日・フジテレビ系列)は170年間「脱獄者ゼロの監獄」を誇り「鉄壁の要塞」と呼ばれたアメリカ・ニューヨーク州のクリントン刑務所で起きた2人の囚人(スウェット、マット)の脱獄に迫ります。
その脱獄には51歳の刑務所職員ミッチェルが手助けしており、ミッチェルはマットからプロポーズを受けて恋愛絡みの犯行か?
それはあたかもアメリカの人気テレビドラマ「プリズンブレイク シーズン1」にそっくりで正に「リアルプリズンブレイク」のアンビリバボーな脱走劇です。

スポンサードリンク

脱獄囚スウェット、マット

脱獄が起きたのはクリントン刑務所(アメリカ・ニューヨーク州ダニモーラ)。

クリントン刑務所は、「鉄壁の要塞」と呼ばれ170年もの間、脱獄者ゼロを誇る監獄です。

2015年6月6日未明、脱獄した受刑者はスウェット、マットの2人でした。

脱獄の手口はある映画にそっくり!?

脱獄の手口はあたかも1994年公開された映画 「ショーシャンクの空に(Shawshank Redemption/ショーシャンク・レデンプション)」の中で、アンディ(ティム・ロビンス)が脱獄した方法にそっくりでした、

脱獄の手段は、留置所の壁の内側にある工事用の足場を伝い地下まで降り、外部に繋がる配管のパイプに穴を開け、這い蹲るように進み、刑務所に近くの発電所のマンホールから脱出するという方法でした。

escape-niceday2

脱走した監房からは、犯行に使われた弓のこぎり、電動工具、ライト付きゴーグルなどが発見されました。

一体どうやって入手したのでしょうか?

画像:「Have a nice day素敵な1日を!)」というメッセージカードで警察を挑発?

escape-niceday

警察にとって二人は凶悪な犯罪で収監された受刑者で有り、ニューヨーク市民が危険に晒される大失態です。

ニューヨーク州警察は、プライドを賭け1100~1200名もの警官や警察犬やヘリコプターも配備!

そして動員し、情報提供者に最高で10万ドル(およそ1200万円~1250万円)の懸賞金を賭けました!

そして、手口が映画「ショーシャンク」にそっくりな事から、全米のメディアはこの脱獄事件を「Shawshank Escapeショーシャンクエスケープ)」と呼ぶようになりました。

共謀者が女性で、ある人気テレビドラマにもそっくり!?

そして真相解明とともに有る人気テレビドラマに注目が集まりました。

その人気テレビドラマは「プリズンブレイク シーズン1」(2005年~2006年)!

犯行に使用した弓のこぎり、電動工具を提供していたのは刑務所の50歳の女性職員だったのです!

刑務所の職員ミッチェルが脱走の手助け

6月12日、脱獄を手助けした容疑者として刑務所内の衣類を仕立てる作業場に勤務していたジョイス・ミッチェル(当時51歳)を逮捕しました。

ジョイス・ミッチェルは、実はリチャード・マット受刑者と交際していると噂されており、真っ先に疑われたのです!

そして、ジョイス・ミッチェルは、リチャード・マット受刑者プロポーズまで受けており、犯行を唆された事も判明しました。

実はリチャード・マット受刑者は、彼女が絶えた事が無い程の恋愛テクニックを持つ歌舞伎町のホストの様な恋愛スキルを持っていて、まんまとその
恋愛テクニックにハマってしまったのでした!

ジョイス・ミッチェルは、脱獄の工具を、冷凍したハンバーガーのひき肉の中に忍ばせて、デビッド・スウェット受刑者の監房に届けてました。

escape

この様な犯行が容易に行われたのはリチャード・マット受刑者、デビッド・スウェット受刑者の二人は服役の態度が真面目で模範囚として通常の受刑者よりも自由が多く与えられており、自由時間が長く電話時間も優遇されていたり、私服の着用や自炊が許可されていたのです!

自炊をするフリをして犯行の為の工具を集めていたのでした!

スポンサードリンク

受刑者と不倫し大人の関係に・・・?

リチャード・マット受刑者は、服役中の作業としテーラーショップ3と呼ばれていた裁縫室で刑務所の職員や受刑者の服の修繕の作業を割り当てられていました。

その裁縫室で指導をしていたのがジョイス・ミッチェル容疑者だったのです!

やがて二人は親密な関係となり、受刑者の間でも交際が噂されており、リチャード・マット受刑者と同じチームで作業をしていた元受刑者エリック・ジェンセンさんによると、二人が衣類の棚卸しを名目に二人きりで衣類の保管庫で肉体関係を結んでいた事を100回以上見ており、ランチタイムは、裁縫工場のバックヤードでジョイス・ミッチェル容疑者が持ち込んだサブウェイのサンドイッチやハンバーガーを一緒に食べている所を見ており、二人の交際は公然の秘密となっていたと語りました。

しかも保管倉庫らは、脱獄時に通ったマンホールが見渡せ犯行のヒントになった可能性も有りました。

他にもジョイス・ミッチェル容疑者は、スウェット受刑者の監房をマット受刑者の監房の隣に移動させるように刑務所提案もしていた事が発覚しています。

英メディア「dailymail.co.uk」によると、ジョイス・ミッチェル容疑者は恋多き女で、幾度も結婚、離婚を経験しており、同じ刑務所に勤める夫は元不倫相手でした!

今回も夫がいるのに、また不倫

しかも今回の不倫相手は刑務所に収監されている受刑者という・・・

脱獄の計画と真相

スウェット受刑者は求婚の条件に刑務所からの脱獄の計画を提案します。

その内容は、脱獄した後に刑務所に勤める夫ライル・ミッチェルさんを薬を飲ませ眠らせその隙に自家用車で二人を迎えに来てメキシコに逃亡するという計画でした!

しかし、もし断れば夫ライル・ミッチェルさんを殺害する!

と脅迫してきたのです!

実は、ミッチェル容疑者は二人の逃亡の手助けを断るとリチャード・マット受刑者が同じ刑務所に勤める夫ライル・ミッチェルさんのさんを殺すと脅迫されていたのでした!

リチャード・マット受刑者に夢中になっていたミッチェル容疑者は本心を知って恐ろしくなり、パニック発作にかかり病院に入院。

そして夫に犯行内容を告白

ミッチェル容疑者が怖気づき病院に入院した為、計画に狂いが生じ、脱獄した二人の囚人は逃亡の日々が待ち受けていたのでした。

そしてメキシコ行きを諦め二人はカナダへの逃亡を企てました。

cnn-map

スウェット・マット脱獄囚の結末

警察は、リチャード・マット受刑者が収監中、刑務所に近い狩猟用の山小屋の存在や、周辺の地形について刑務官に質問していたとの証言から
脱獄のための情報収集だったと判断し刑務所に近い狩猟用の山小屋の捜査を始めた所、住民からのそっくりな二人を発見したとの通報が入りました!

escape2

警察が踏み込んだ所、小屋は無人で、捜査を察知して慌てて逃亡したと思われる遺留品や囚人服、下着とピーナッツバターや水の容器など多数あり、その中から二人のDNAが確認されました!

※二人は、盗んだ迷彩服で逃亡、警察犬の鼻を欺くために胡椒などをで臭いを偽装

二人の運命は尽き、6月27日、カナダ国境から約15キロのニューヨーク州北部の町マローン(Malone)でマット受刑者が、ライフル銃(狩猟用の散弾銃)を所持した姿を警官に発見され射殺されました。

そして、スウェット受刑者は、6月29日レイク・タイタスに近いカナダ国境の3キロ~5キロ南のエレファント・ヘッドで警察隊と銃撃戦になり、負傷し、そのまま逮捕され病院に入院。

そして退院後は、ニューヨーク州のロムルスファイブポイント刑務所の独房に収監され、自殺防止用の監視カメラ付常時監視対象となっています。

二人が別々に発見されたのは、スウェット受刑者の証言によると、マット受刑者は、体力が衰えスウェット受刑者の逃亡の足手まといになるため別行動をとっていたからでした。

アンドルー・クオモ・ニューヨーク州知事の安全宣言により全米のみならず凶悪犯の逃亡目的地のカナダの国民も恐怖に陥れた事件は幕を閉じました。

※マット受刑者の射殺が6月26日、スウェット受刑者の逮捕が6月28日の報道はアメリカと日本の時差の関係です。

スポンサードリンク

まとめ

◆「鉄壁の要塞」実はズサンな監視体制
この脱獄事件は、マニュアル通りに進んで差し入れの際、金属探知機を使っていれば防げた事件でした。

他にも受刑者ヘロインなどを差し入れた疑いも・・・。

◆処罰調 所長を含む12人が停職処分。

この事件は事件直後日本でも数々の情報番組やニュースが取り上げているのでご存知の方も多いと思います。

・世界HOTジャーナル 2015年6月19日(金)19:00~19:57 フジテレビ
・ノンストップ! 2015年6月22日(月)09:50~11:25 フジテレビ
・スッキリ!! 2015年6月24日(水)08:00~10:25 日本テレビ
・情報ライブ ミヤネ屋 2015年6月24日(水)13:55~15:50 日本テレビ
・直撃LIVE グッディ! 2015年6月29日(月)13:55~15:50 フジテレビ
・スーパーJチャンネル 2015年6月29日(月)16:50~19:00 テレビ朝日
・Oha!4 NEWS LIVE 2015年7月17日(金)04:00~05:50 日本テレビ
・日曜ファミリア [2015年総まとめ!世界の気になるニュース大追跡SP]2015年12月6日(日)19:00~21:54 フジテレビ

しかし、電動のこぎり・カッター・グラインダーなどの電動工具で配管のパイプを切断する音でバレなかったのでしょうか?

そんな疑問からニューヨークタイムス誌が犯行と同じ手順でどんな工具でパイプを切断したか?

の検証を行っているのでシェアします。

・弓ノコギリ→20時間
・電動グラインダー→2時間(火花が激しい!)
そして、電動のこぎりは最短の45分の結果でした!

詳細は、ニューヨークタイムス誌の検証動画をどうぞ!
※出だしのグラインダーでの切断音の大きさに注意!

検証結果からすると二人で交代で弓ノコギリで何日もかけ切断したのでは無いでしょうか?

※フジテレビ系のニュースでは、刑務官が巡回後、電動ドリルで壁に穴を開けたと報道されていました。

本日は最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ