アンビリバボー ジェニファー・トンプソンさんのレイプ事件でロナルド・コットン容疑者が服役した刑務所で自分にそっくりな真犯人ボビー・プールと出会いDNA検査で冤罪が証明!11月17日【画像・動画】


アンビリバボー(2016年11月17日)では、1984年7月ノースカロライナ州で起きたジェニファー・トンプソンさんのレイプ事件で逮捕されたロナルド・コットン(当時:22歳)の罪がDNA検査の結果冤罪として認められ真容疑者がロナルド・コットンと同じ刑務所で服役していたボビー・プール容疑者と判明!
その冤罪を証明したのはNFLプロバスケットボール選手O・J・シンプソンが起こしたO・J・シンプソン事件がキッカケでした。
今では冤罪を深く詫たジェニファー・トンプソンさんとロナルド・コットンさんは家族ぐるみの親しい友だちになるというアンビリバボーな真実が紹介されます。

スポンサードリンク

ジェニファー・トンプソンさんのレイプ事件

1984年7月ノースカロライナ州のイーロン大学に通う女子大生ジェニファー・トンプソンさんの自宅で強姦される事件が発生しました。

ジェニファー・トンプソンさんは、ナイフを突きつけられ脅され強姦されている間も冷静に、警察に犯人の特徴を伝えるため顔や声などの特徴を覚える事に専念していました

そして、レイプされた後飲み物を取りに行くフリをして逃げ出す事に成功し、隣人宅に逃げ込み警察へ通報しました。

ジェニファー・トンプソンさんの証言を元にモンタージュ写真が作成され、ニュースでも情報提供が呼びかけると近所のレストランで働くロナルド・コットンがそっくりだとの通報が入り、警察が事情聴取します。

ロナルド・コットンはアリバイを証明しようと、その日はバーで飲んでいたと証言しますが、バーで確認した所、ロナルド・コットンはお店に来ていなかったとの店員の証言で、アリバイが崩れ逮捕されました。

後に判明したのはロナルド・コットンはバーに行った日付を間違っており事件当日は自宅に居たのでした・・・。

決して嘘のアリバイを証言した訳では無かったのです!

ロナルド・コットンにとって不利な条件も有りました。

彼は16歳のときに彼女の自宅に忍び込みなんと彼女の母親をレイプし、不法侵入や性的暴行などの罪で告訴される前科が有り犯罪ファイルに名を連ねていたのです。

しかも逮捕時には、レイプ犯同様、ナイフを隠し持っていた事も不利に動きました。

そして、ジェニファー・トンプソンさんが犯人確認の為、7人の容疑者の写真が提示され、その中にロナルド・コットン容疑者が居るか?

cotton2

の問いかけに「2番が犯人です!100パーセント間違い有りません!」と証言し、ロナルド・コットン容疑者がレイプ事件の犯人と特定され裁判にかけられる事になりました・・・。

ロナルド・コットン容疑者、裁判の結果

ロナルド・コットン容疑者は、裁判の結果「終身刑プラス50年の刑」を言い渡され服役します。

※プラス50年の刑は、ノースカロライナ州独自の量刑で犯罪内容により加算

そのロナルド・コットン容疑者が服役した刑務所でアンビリバボーな出会いが起こります

そこにはなんと!ジェニファー・トンプソンさんをレイプした真犯人が服役していたのです!

真犯人ボビー・プール

レイプの罪で服役していたボビー・プールは、刑務所内ので真犯人は自分だと吹聴していました。

そして、その容姿が・・・ロナルド・コットン容疑者と瓜二つで、まるで双子だったのです!

二人の写真を並べてみても・・・

cotton

左が真犯人ボビー・プール右がロナルド・コットン容疑者です。

これではジェニファー・トンプソンさんが見間違えるのも無理は有りません

画像出典:NBCニュース

スポンサードリンク

O・J・シンプソン事件が冤罪の証明に繋がった

ロナルド・コットン容疑者は、服役中の1995年テレビやラジオでプロバスケット選手が起こした殺人事件O・J・シンプソン事件を知ります。

その事件の証拠として採用されたのが「DNA鑑定」でした。

実はジェニファーさんのレイプ事件ではDNA鑑定は行われておらず、ロナルド・コットン容疑者自身DNA鑑定の知識が有りませんでした。

そして、ロナルド・コットン容疑者は、弁護士に依頼し別件のレイプ事件で採取されたボビー・プールの体液と幸運にも保管されていたジェニファーさんのレイプ事件の際、採取れていたDNAサンプル突き合わせDNA鑑定を行った所、ボビー・プールの体液とDNAが一致

晴れてロナルド・コットン容疑者は、冤罪が証明され容疑者の汚名が返上され事件から11年後自由の身となったのでした!

ジェニファーを襲う“苦しみ”と“恐怖”

この事件が冤罪と分かり、ジェニファーさんを誤ってロナルド・コットンさんが犯人と断定し服役させてしまったという「苦しみ」と復讐されるかもしれないという「恐怖感」が心を襲いかけます。

この事でジェニファーさんは、良心の呵責にさいなまれる毎日に恐怖していました

そして冤罪が確定してから2年後、二人が面会し謝罪する場が設けられました。

ロナルド・コットンさんの一言に救われる・・・その一言は「貴方を許す」

面会がセッティングされた教会で初めて顔を突き合わせジェニファーさんは疑いが晴れたロナルド・コットンさんに涙を流しながら深い謝罪の念を伝えました。

ロナルド・コットンさんはジェニファーさんの手を差し出し、返ってきた言葉は
I forgive you(貴方を許します」の一言でした!

それはジェニファーさんが2年間良心の呵責で苦しんだ心が開放された瞬間でした

ロナルド・コットンさん曰く「ジェニファーさんには何ら問題は無く、問題なのは曖昧な記憶を元にした捜査で不当逮捕した警察に非がある」との思いがあったのでした。

後述する回顧録によると、事件を捜査した検察官は謝罪する者も居れば、街で出会ってもロナルド・コットンさんの顔を見て逃げ出す検察官も居るそうで捜査の不信感を持っています。

現在は家族ぐるみの友達同士!

そして、今はロナルド・コットンさんは結婚し娘も誕生し、ジェニファーさんと家族ぐるみの友達となり、この事件の真実の回顧録を共同で出版したり事の真相を伝える番組の出演や冤罪についての講演をこなしています。

講演動画:

YouTube Preview Image

まとめ

普通、訴訟社会のアメリカなら多大な損害賠償をジェニファーさんに請求する冤罪事件でしたが、「許す」と一言だけで何もなかった様に振い家族ぐるみの付き合いまで発展させるロナルド・コットンさんの心の広さは驚きを隠せません。

誤って犯人扱いをしてしまった相手の心境を思いやる気持ちがそうさせているのでしょうね!

本日は最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク

DNA evidence exonerated him; today they’re co-authors fighting for justice

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ