ピリ辛ひげにんにく お取り寄せ 青空レストラン 新潟県長岡市 6月11日 レシピ


軽石水耕栽培と呼ばれる土を使わないパミス(軽石)で栽培する「にんにく」のニューカマー新潟県長岡市の「ひげにんにく」はその名の通り、ニンニクに、「ひげ」が生えた様な出で立ちで、香ばしさと強い辛味が特徴です。
青空レストラン(2016年6月11日)では、ゲストにハリセンボン、グルメ雑誌「dancyu」編集長・町田成一さんを迎え、越後808(はちまるはち・信越工業)真島徳幸名人の下「ひげにんにく」の収穫と通販では「ピリ辛ひげにんにく」のお取り寄せです。

スポンサードリンク

ひげにんにく とは?

新潟県長岡市の越後808(信越工業)が生産している、根と芽が長く生えており、その名の通り根が髭の様に生えているニンニクです。

無農薬で手間暇をかけて生産されています。

aozora-hige

※画像出典:「長岡ロケなび」より
www.facebook.com/locanavi.jp/timeline

ひげにんにくの特徴1:新芽状態が美味しさの秘密?

根と芽が外見の特徴である「ひげにんにく」ですが、通常のニンニクと違い、新芽(スプラウト野菜)の状態で出荷されます。

higeniniku

実は、植物の栄養価は成長を促進させる為、発芽する時の状態が一番高くなります

その新芽の状態に着目したのが、今回紹介される「ひげにんにく」や「かいわれ大根」です。

「ひげにんにく」は通常のニンニクより栄養価が4倍~5倍高いと云われています。

一番栄養価が高い状態で出荷されるのと土では無く、軽石で育つのでストレスに負けない様、栄養分を作り出しているからです。

フルーツトマトが塩害に晒された水分の少ない農地で育つ時、ストレスに負けない様、小さな体に栄養分を作り出すのと同じ論理では無いでしょうか?

ひげにんにくの特徴2:翌日、嫌な匂いが残らない?

ニンニクは、栄養がつくので料理、特に中華には欠かせないですが、匂いが気になりますよね?

でも、「ひげにんにく」は、芯まで加熱すると翌日まで匂いが残りにくいそうですよ!

そして、辛味が甘味へと変化する病み付きになる味つけになります。

ひげにんにくの特徴3:体に優しい♪

また、「ひげにんにく」は、通常の「ニンニクに比べ」胸やけやお腹がゆるくならないのも魅力です。

スポンサードリンク

青空レストランで紹介される「ひげにんにく」レシピ

・超にんにく豆苗炒め
・ガーリックチキン南蛮
・ガーリック焼きそば(乾杯メニュー)etc.

「ひげにんにく」レシピ・素揚げがオススメ

「ひげにんにく」レシピで一番オススメしたいのがシンプルな「素揚げ」です。

hige-suage

実がふっくらとして、根と芽はシャシャキ感がたまません!

ピリ辛ひげにんにく お取り寄せ

青空レストランの通販で紹介されるお取り寄せ商品は「ピリ辛ひげにんにく」です。

「ひげにんにく」をピリ辛に仕立てにした食材で、味付けは、醤油ベースで切り昆布と香辛料が辛さを引き立てています。

ご飯の友に是非!どうぞ♪

青空レストラン ピリ辛ひげにんにく お取り寄せ

青空レストラン ピリ辛ひげにんにく お取り寄せ

青空レストランの公式サイトは放送開始直後からアクセスが殺到し在庫が無くなり売り切れが予想されますので急いで下さい。
ピリ辛ひげにんにく」が売り切れの際は「ピリ辛ひげにんにく」がキーワードの販売ページに移動します。

まとめ グルメ雑誌「dancyu」とコラボ

水耕栽培では、土は要らない、という。土の役割は、根がはる土台としてと、根を光から守ることだけ。土の中の養分は、直接根から吸収されるわけではなく、水に溶けたイオンとしてしか吸収されない。それなら、土なしで、養分を溶かした水を、ロックウールとかバーミキュライトとかを通して、

今回の青空レストランロケはグルメ雑誌「dancyu」が同行しています。

すでに、グルメ雑誌「dancyu」とのコラボのレシピ本は販売されています。

今回のロケもグルメ雑誌「dancyu」に取り上げられそうですね。

※「dancyu」夏号に取り上げられます。

とっても楽しみです。

スポンサードリンク

ひげにんにくの軽石水耕栽培やレシピ

冒頭で説明した「ひげにんにくの軽石水耕栽培」については、コチラの動画をご覧ください。
レシピも紹介されていますよ。

YouTube Preview Image

匂いが気にならないニンニク

匂いが気にならないとの事ですので、餃子に使えれば良いなぁ・・・と妄想しています(笑)

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ