サタデープラス しょうゆ麹&甘酒 作り方 血管年齢若返り 梅宮辰夫・アンナ親子の健康レシピ・4月2日


塩麹より旨味成分が10倍の麹で、しょうゆ麹と甘酒の減塩効果で血管年齢が若返る?サタデープラス(2016年4月2日放送)は「管若返る!しょうゆ麹&甘酒」と題し、梅宮辰夫アンナ親子が減塩効果で血管若返りに挑戦!
しょうゆ麹と甘酒生活の結果は?血管と肌がピカピカになるという万能調味料とは?そしてしょうゆ麹と甘酒のレシピは?

スポンサードリンク

しょうゆ麹とは? 効能・効果は?

塩麹に比べて旨味成分・グルタミン酸が10倍の麹で、腸内環境を整える整腸効果で便秘の解消にも!

syoyu-koji

塩分濃度は塩麹15%に対し、しょうゆ麹は、8.5%で、旨味が多い為、調味料として使うと、使用量が少ないので結果的に超減塩効果になります♪

効能・効果

血管と肌がピカピカになるという万能調味料なのです♪
・塩分コントロール
・整腸効果
・便秘解消
などの効果が期待され、中性脂肪・コレステロールを減らします。

醤油麹の作り方

材料:麹 150g 醤油 150cc
作り方:市販の米麹菌と醤油をで瓶(タッパー)に入れかき混ぜ、1週間ほど常温で発酵させ、麹に水分が吸収されるので醤油を足しながらぜ空気を入れる為毎日混あわせるだけです。
動画レシピ:混ぜて待つだけ簡単すぎる醤油麹の作り方

YouTube Preview Image

一晩で醤油麹・甘酒を作る方法

炊飯ジャーを60℃に設定し、しょうゆ麹を入れた耐熱瓶を入れ、フキンを被せ8時間(一晩)寝かせるだけです。

レシピ動画:甘酒の作り方(米麹・炊飯器で作る) – How to

YouTube Preview Image

醤油麹 レシピ

しょう油に比べしょうゆ麹は、40%減されており、塩味は濃いので少ない分量で調味料でとして利用できます。

しょうゆ麹と甘酒の減塩生活モニターのレシピ

カレーうどん+しょうゆ麹→隠し味のしょう油の代わりに使うと旨味が強いのでコクが出るので隠し味に最適。

しょうゆ麹オリジナルドレッシング

オリーブオイル+しょうゆ麹→サラダに最適♪

生姜焼き

豚肉をしょうゆ麹・生姜・みりん・酒に10分漬け込み焼ます。

醤油麹 通販・お取り寄せ

しょうゆ麹は、基本米麹菌と醤油を混ぜて1週間保存するだけですが、直ぐに試したい、しょう油の継ぎ足しの分量が難しいと不安な方は、お取り寄せは如何ですか?

麹甘酒

江戸時代には「飲む天敵」と呼ばれ疲労回復効果が有ります。
飲む点滴 ビタミン・ミネラルが豊富です。

甘酒は、腸内環境を整え(整腸効果)便秘の解消、肌荒れ解消、麹は、善玉菌を増やす、ブドウ糖が多く自然ので甘味が強く調味料としても使えます。

今回、番組モニターのしょうゆ麹と甘酒の減塩生活では、1日3回、食感に甘酒を90cc飲む事になっていました。

カンタン麹甘酒(甘酒の素) 作り方

材料:乾燥麹 200g お湯200cc
①瓶に入れた乾燥麹(200g)に60℃のお湯(200cc)を入れます。
②しっかり混ぜて1週間ほど発酵さる為、寝かせます。

(しょう油麹の要領で炊飯ジャーでも出来ます)

カンタン麹甘酒 飲み方

甘酒の素と同量のお湯か、お水でとかして飲みます。

カンタン麹甘酒 レシピ

甘酒ホットケーキ

→砂糖の代わりに甘酒を入れて焼きます。

甘酒プリン

→甘酒に牛乳とゼラチンを加え冷蔵庫で冷やし刻んだ生姜ソースをかけます。

長野県佐久市の甘酒「おなっとう」とは?

長野県佐久市では、甘酒に似た伝統食「おなっとう」が有り、その「おなっとう」のおかげで、肌若返りの効果があると紹介されました。

「おなっとう」とは、麹とお米を混ぜてつくった伝統食、甘酒と同じですが、お米が入っている分、濃厚で甘味が強いのが特徴です。

長野県佐久市は長寿県長野県でも平均年齢が0.5歳長く、佐久市の女性は、お肌艶々です。

長野県佐久市のとある女子会で、50代~68歳の女性5名の肌年齢の結果は平均マイナス12歳という結果が出ました。

長野県佐久市の甘酒「おなっとう」レシピ

・豆とおなっとうのデザート
・おもちのおなっとうのせ
・豚肉とほうれん草のおなっとう豆鍋

スポンサードリンク

梅宮辰夫アンナ親子が血管年齢若返りに挑戦したレシピ

梅宮辰夫さんはマイ塩を持参する程、塩好きですが、その結果入院する羽目に!
娘の梅宮アンナさんは、父親の健康の為、しょうゆ麹レシピに挑戦します。

梅宮アンナさんが父梅宮辰夫さんに提供したしょうゆ麹レシピ

・ローストビーフ+しょうゆ麹

・手作り甘酒

・イカ刺し+しょうゆ麹

梅宮辰夫さんの感想

梅宮辰夫さんは味に対して「(甘酒は)健康な甘酒って感じだな」「(しょうゆ麹レシピは)何でも合うけど最高ではない」と辛口(笑)

流石グルメなご意見ですです(笑)

梅宮辰夫アンナ親子が血管年齢若返りに挑戦した結果は?

梅宮アンナさんは元々肌年齢が若いのでそれほど効果は高くなかったが、お通じが良いのでオススメとの事です。

番組モニターのしょうゆ麹と甘酒の減塩生活に挑戦した内容

1日3回、食感に甘酒を90cc飲む。

番組モニターのしょうゆ麹と甘酒の減塩生活に挑戦した結果

肌年齢4人の平均

血管年齢→-2歳

肌年齢

水分値→+2.2歳
脂分値→0.8歳
しわ数(眼下→-8.2歳)

スポンサードリンク

まとめ

自分は梅宮辰夫さんと同じで塩が大好きなので、必要以上に料理に使いがちです。

ですので、しょうゆ麹をお取り寄せして減塩生活をしないといけないですね。

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ