青空レストラン 徳島 アオリイカ お取り寄せ 値段は1キロ2000円超! さばき方,締め方はハンマー締め!釣り方はエギング 通販/12月3日


青空レストラン(2016年12月3日)は値段が1キロ2000円超のアオリイカを徳島県牟岐町(むぎちょう)沖で、釣り、その甘味、旨味、食感を活かした極上レシピをゲストに女性お笑いコンビ「尼神インター」を迎え開店です!

アオリイカは「イカの王様」と呼ばれ都内のミシュランガイド掲載店、高級店に卸されており、実は一般には流通していません。

一般に売られているアオリイカは東南アジア産の輸入物なのです。

スポンサードリンク

アオリイカとは?

アオリイカは高級イカとして知られ値段が1キロ2000円~2500円と高く「イカの王様」とも呼ばれています。

その高価な理由は、他のイカに比べ、味の点では、甘み、旨味が強く、食感は、肉厚で弾力も強いのが理由で、アオリイカの魅力を引き出すレシピがシンプルに「刺し身」です♪

それだけでなく外見は美しい白っぽい透明感に有ります。

徳島県牟岐町のアオリイカは鮮度の問題もあり遠方に出荷出来ないのが問題で徳島県では収入の面で高価なアオリイカを遠方に出荷する方法を模索した結果、今では築地でも出荷出来る様になり、ミシュランガイド掲載店や高級料理店にまで取引先の販路を構築する事に成功しました。

一瞬で色が美しい鮮やかな透明に近い白に変色するアオリイカの締め方・ハンマー締めとは?

魚類の鮮度を保つ方法として活き締めが有りますが、イカは無血動物なので血抜きは出来ません。

血抜きが出来ない場合、鯛の様に神経を壊して硬直を食い止めます。

アオリイカの場合、頭と足の神経を専用のヘラやナイフで刺す事により、活き締めが行えます。

動画:アオリイカを〆て捌く

YouTube Preview Image

しかし、この方法は経験と手間がかかり、もっと単純で一瞬んで活き締めする方法が編み出されました。

それが、木槌(ハンマー)で、アオリイカの神経を叩く「ハンマー締め」です。

アオリイカの頭にあたる部分をハンマーで叩くと、周りの色に合わせる擬態により黒っぽい赤褐色だった身体全体が本来の美しい透明色に代わります。

ハンマー締め」のやり方は動画をご覧下さい。

アオリイカ ハンマー締め 動画

YouTube Preview Image

アオリイカの釣り方は疑似餌で釣るエギング

アオリイカは獲物の小魚を背中から抱きかかえて不要な頭をじっくり時間をかけて食いちぎってから食べる習性があるのを利用しエギ(餌木)と呼ばれる小魚の形の疑似餌でひっかけるルアー釣りの一種で釣ります。

アオリイカが活アジを捕食する瞬間 動画

YouTube Preview Image

※獲物を捕食する一瞬飛び出す長い二本の腕(下足)は触腕(しょくわん)と呼ばれています。

スポンサードリンク

青空レストランで紹介されるアオリイカレシピ

青空レストランのアオリイカのレシピで紹介されるのは・・・

先ずなんと言ってもアオリイカの肉厚さ、弾力、甘みが全て網羅された「イカ刺し」!

そして旨味成分アミノ酸が他のイカより多い特性を活かしアミノ酸を更に増やす為に一夜干しにした「あおりイカの一夜干し」

そしてイカレシピで定番の「イカフライ」、中華風に頂く「アオリイカの豆板醤炒め」

そして恒例の乾杯メニューは「アオリイカのイカ墨焼きそば」です!

青空レストラン アオリイカ お取り寄せ・通販

徳島県で収穫されるアオリイカは先にも述べた通り一般に流通していないのでお取り寄せは困難です。

しかし、徳島県のそばの淡路島でもアオリイカの釣りは人気で、釣りの時期や小さいサイズはリリースするなど規程する事でアオリイカの品質を保っています。

そんな淡路島で収穫された淡路島産のアオリイカのお取り寄せは如何でしょうか?

青空レストラン 公式通販/徳島県牟岐町 泉源 あおりいかロール詰合せ:¥2,980+消費税

a1274-00001-1

※”セッションの有効期間がきれました。“と表示された場合は、品切れ、販売終了、販売期間前の状態です。

まとめ

アオリイカは旨味、甘みが強いのでシンプルな刺し身とか一夜干しが一番味が愉しめるんですね!

脇役のイメージが強いイカも主役になれるのですね!

一度味わってみたいです。

以前アメトーークで今回のゲストの尼神インターの誠子さんは二人の妹からはシュレックと呼ばれていたり、妹は可愛いのに似ていなくて親が違うんじゃないか!とか突っ込まれていて面白かったです(笑)

本日は最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ