青空レストラン うえだみどり大根 焼き鳥のタレ じんだれ おいだれ/美味だれ お取り寄せ/長野県上田市/11月25日/通販


「青空レストラン」(2016年11月26日・日テレ)は長野県上田市で緑色の大根「うえだみどり大根(上田みどり大根)」と地鶏「地鶏真田丸」の焼き鳥で究極の焼き鳥「おいだれ・美味だれ焼き鳥」を青森の生ニンニクを刻んで醤油ベースのタレに漬けた通販で人気の「じんだれ」をお取り寄せ!

スポンサードリンク

「うえだみどり大根」とは?

長野県はお蕎麦の産地で、辛味大根をさらしなどで絞った擦り汁に信州味噌や醤油を添えて食べる「おしぼり」として食べる程大根は欠かせない野菜です。

midori-daikon

今回の「うえだみどり大根」は、辛味大根では無く、長野県上田市のみで栽培されている信州伝統野菜で、その名の示す通り、緑色(黄緑色)で、小ぶりで可愛い大根です。

外見が緑色なだけでなく、中の身までもが鮮やかな緑色です。

そして、味にも特徴が有り、大根らしいピリ辛さとそれ以上に甘味の旨味がギッシリと詰まった大根です。

緑色に育つ理由は、通常の大根の様に葉と上部のみが地表に出ているのではなく、大部分が地表に出て育つため、光合成の為の葉緑体が多くなった結果です。

太陽の恵みを受けて育つ「うえだみどり大根」は、光合成によりその小さな体に旨味(甘味)が
ぎっしりと詰まって育つのです♪

それだけでなく水分が少ない為、摩り下ろしても水っぽくならない特色も有るので、天麩羅にしてもベトベトにならないずホクホクの「かき揚げ」も出来るという特徴も有ります。

青空レストランで紹介される「うえだみどり大根」のレシピ

「おろしそば」は長野県では必須のメニューですね!

soba0

そしてなんとも美味しそうな絶品レシピは見た目も美しい

炙りサーモンとみどり大根の押し寿司

そしてこれからの季節は大根鍋に!

長野県では「おやき」と呼ばれる素朴な郷土料理が有りますが、その「おやき」の様な大根もちも!

水っぽさが無いのでサラダもオススメ!

更に野菜がスティックとして、またソースにも「うえだみどり大根」をおろして頂くと食感が堪りません!

どの料理にも緑色が料理を彩どり目でも楽しめる料理に仕上がりますね♪
※画像出典:日テレテレビショッピング 満天★青空レストラン

スポンサードリンク

おいだれ焼き鳥(美味だれ焼き鳥)焼き鳥のタレ「じんだれ」

乾杯メニューで登場するのが長野県上田市の地鶏、地元の武将真田幸村にあやかったその名も「信州地鶏 真田丸」を使って究極の焼きとりおいだれ焼き鳥美味だれ焼き鳥)」乾杯!

その焼鳥のタレは上田市で創業50年以上の老舗焼鳥店「鳥友」初代店主・飯島 仁氏の秘伝のタレの味をもとに飯島兄弟商会株式会社で再現した焼鳥のタレです。

青森産の生ニンニクをふんだんに使用し1mm程の粗切りにし、醤油ベースのタレに合わせたタレで、ニンニクの香りが香ばしく食欲をそそります♪

焼き鳥屋ではコップなどの容器に焼き鳥のタレを入れて串を漬けて頂く食べ方です。

大阪の串揚げ同様二度漬けは厳禁で!(笑)



また焼鳥のタレのみならず、野菜炒め、炒飯、肉料理のグリルなどの炒め物や、焼きそば、焼きうどん・・・

とろみがあるのでオリーブオイルと絡めてサラダのソース、カルパッチョ、パスタや下味として唐揚げの臭み抜きと香り付けや、餃子の具の味付けなどにも使える万能ソース、万能タレとしても人気なのです!

うえだみどり大根 おいだれ焼き鳥のタレ「じんだれ」お取り寄せ

青空レストランで紹介される「美味ダレ(おいだれ)」のタレは「じんだれ」ですが、同じメーカー(飯島兄弟商会株式会社)の別商品「俺たちの美味だれ」も楽天市場やYahoo!ショッピングからお取り寄せ可能です!
※「じんだれ」も楽天市場やYahoo!ショッピングで以前は取り扱っていましたが「秘密のケンミンSHOW」や「ヒルナンデス!」で紹介された為か売り切れの様子でした。

※楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazonのボタをクリックすると「緑大根」をキーワードにした一覧が表示されます。

スポンサードリンク

まとめ

青空レストラン :長野県 うえだみどり大根(2kg)番組限定セット値段(価格)

青空レストラン 公式通販/長野県 うえだみどり大根(2kg):番組限定セット:¥1,900+消費税

青空レストラン 公式通販/長野県 信州上田 美味だれ「じんだれ」:¥2,070+消費税

※”セッションの有効期間がきれました。“と表示された場合は、品切れ、販売終了、販売期間前の状態です。

本日は最後までご覧いただき有り難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ