がっちりマンデー ガンジー牛乳 ソフトクリーム 加勢牧場 お取り寄せ


今回紹介する番組は、「がっちりマンデー 儲かる牧場」超レア牛「ガンジー」とは!?「豚のディズニーランド ゴールデンポーク」とは!?

放送日:2015年6月21日7時30分~8時00分(TBS系列)です。

スポンサードリンク

放送内容

みどころ

なんと言っても新潟で一番売れているソフトクリームの乳牛
全国で300頭程しか居ないと言うガンジー牛(ガーンジィ牛)です。

今回紹介される新潟県長岡市にある加勢牧場(有)ケーエスファームさんの
ガンジー牛とは・・・?

イギリスのガンジー島が原産地で、
オーナーの加勢さんが40代の頃、老後を考え
「数が少なくても儲かる牛を育てよう」
と目をつけたのがガンジー牛です。

ganzi---

その味は・・・

  • 濃いのに後味スッキリ
  • しつこくない

との事。

ganzi

料金は、市販の牛乳5倍で、500ミリリットル500円す。

以前はホルスタイン牛を60頭飼育していましたが、現在は
ガンジー牛10頭で、仕事量半分でもホルスタイン牛を飼育していた時と
変わらない収入で安定して体力的にも楽になっているとの事です。

そして、新潟で一番売れているソフトクリームとして
ガンジー牛のソフトクリームが有ります。

直営店も有りますが、今回紹介されるのは
「道の駅 良寛の里わしま」さんです。

その食感は、口の中ですっと消え、味は
しつこくない濃厚さの甘さで1日1000本最高で売れたそうです。

商品開発は進んでおりジェラートも人気です。

ganzi-jeeee

加勢さんによるとは、ソフトクリームに加工すれば
500円の牛乳が1500円、つまり3倍の収益でガッチリ!
とのことです。

ここで疑問が湧きますが、

なぜ他の牧場がガンジー牛に手を出さないのでしょうか?

実は、ガンジー牛は儲かるのに他の牧場が手を出さない理由は、

搾乳が難しく手間がかかるのが原因です。

牛乳を絞り出すのに手がかかり、絞り出す時、
ホルスタイン牛の1.2倍の脂肪分が乳腺に詰まって絞り出しにくく
マッサージに「3倍手間がかかる」
との事です。

ganzi-chichi

加勢牧場さんでは、搾乳に17年のノウハウが有り、他の農場では真似できないのです。

スポンサードリンク

まとめ お取り寄せしたい!

牛乳のみならずソフトクリームやヨーグルトが大好きなので
是非飲んでみたいので通販サイト楽天を探したらガンジー牛のお取り寄せ
が可能でした。

これは是非、お取り寄せしたいです!

本日は当ブログをご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ