みんなの家庭の医学 動脈硬化 こめ油 ガンマオリザノール お取り寄せ


今回紹介する番組は「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 名医が認めた医食同源SP」
放送日:2015年10月20日(火)19時00分~20時54分(テレビ朝日系列)です。

スポンサードリンク

放送内容

みどころ

今回のみんなの家庭の医学では
日本人に多い病である大腸がん・骨粗しょう症を
名医が医食同源の観点からその病に効くという食材を紹介します。

大腸がんを予防する食材「佐賀のり」

saganori

佐賀県では海苔の収穫量が日本一で
佐賀県の海苔は「佐賀のり」と呼ばています。

カキ殻に糸状体を培養させてから採苗し
養殖します。

佐賀のりは葉酸を普通の海苔よりも多く含みます。
葉酸はビタミンB群で「妊婦さんのビタミン」と言われています。

がん細胞のポリープの傷を修復すると言われています。

ほうれん草の6倍もの葉酸を持ちます。

大腸がんの拡散を防ぐ力があるとされており、サプリメントの材料として使用されています。

骨粗しょう症を予防する食材「喜界島の白ゴマ」
骨粗しょう症の予防に必要なカルシウムの量は成人女性で1日650グラムだそうです。

白ゴマは20グラム(大さじ2杯)で牛乳1本分のカルシウムを持つと云われています。

注目の油「こめ油」は「ガンマ・オリザノール」を含み動脈硬化予防に役立つ?

今回注目の食材が「こめ油」です。

ガンマ・オリザノールとは?

お米には、お米独特の栄養素「ガンマ・オリザノール」を含み、
更年期障害、動脈硬化予防に役立つと云われ続けていました。

そのお米から精製したのが「こめ油」です。

今回「みんなの家庭の医学」では、動脈硬化予防に役立つ油として「こめ油」が紹介されます。

スポンサードリンク

まとめ

今回紹介された
コメ油、佐賀のり、喜界島の白ゴマなどの食材は、
あくまでも、その病に対する効能があるという物質を多く含むと云われている物質を紹介するだけなので
番組で紹介された食材ばかりを食べれば良いという意味では有りません。

確かに田舎の親戚が悪性リンパ腫と闘病しているのですが、
抗酸化作用のあるβカロテンを多く含むスイカやメロンなどを食べるようになってから
がん細胞の転移が少なくなり、今まで放射線治療だったのが
抗がん剤を自宅で飲む治療を許可されるまでに良くなりました。

しかし、安心したのも束の間3ヶ月後にはがん細胞が転移し、
放射線治療が必要になりました。

現在は、2週間に渡る放射線治療も終わり
自宅で治療しています。

と言っても、親戚の癌の実体験から藁をもつかむ思いをしましたので
試せるものは何でも試したいというのが重い病気を持つ患者と患者自身の本音です。

親戚は常々「がん入院保険は入っておけ」と言っているので
どの「がん入院保険」が良いか調べている所です。

本日は当ブログをご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ