サタデープラス 低体温症改善SP 蒸ししょうが 小島瑠璃子体温1℃アップ 石原新菜[効能 効果 作り方]


お手軽低体温症対策♪10日間「蒸ししょうが」を1日小さじ1杯10日間採取するだけで体温がアップ?
サタデープラス(2016年3月5日放送)では、小島瑠璃子ちゃんが「蒸ししょうが」で低体温症改善に挑戦し
石原新菜ドクターが蒸しショウガのオーブンでの、つくりかたや効能・効果を紹介します。

スポンサードリンク

「蒸ししょうが」ついて石原新菜ドクターの解説

石原新菜ドクターは、
低体温症で1℃体温が下がると免疫力が30%下がり、病気にかかりやすくなる
熱を逃さないよう血管がギュっと縮まる→血行不良→臓器不調の流れの悪循環に陥ります。

お風呂に入る時以外腹巻きを欠かしません。

低体温のエキスパート石原新菜ドクターの平熱は36.9℃です。

石原新菜ドクターは、「蒸ししょうが」による低体温症の改善を提唱しています。

蒸し生姜 効能・効果

石原新菜ドクターによると、
蒸し生姜は、生姜を加熱→乾燥→粉末化(パウダー化)した調味料で、
生姜のジンゲロールがショーガオールに変化します。

ショーガオールとは胃腸を直接刺激する事により、体の中から熱を生産します

ショーガオールは、体温アップの成分を持っており、効果が普通の生姜や酢生姜の10倍の温め効果が有ります。

蒸しショウガ つくりかた

「蒸ししょうが」のオーブンでの作り方は以下の通りです。

①皮付きのママ薄切りにできるだけ薄くスライス
②トレイに重ならないよう加熱する
③100度で1時間オーブンで加熱
④ミキサーで粉末(パウダー)に

常温で3ヶ月保温可能です♪

蒸しショウガ 通販

蒸しショウガ は、通販でお手軽に、お取り寄せも可能です。

小島瑠璃子ちゃんが「体温1℃アップ作戦」に挑戦!

挑戦内容は、1日小さじ1杯の蒸ししょうがを10日間採取するだけです。

スポンサードリンク

小島瑠璃子ちゃんの「体温1℃アップ作戦」の事前診断結果

小島瑠璃子ちゃんは身体中にカイロ張っている程寒がりで
34.9℃の低体温症です。

更に免疫力も弱くNK細胞の数が少ない事が判明しました。
NK細胞とは免疫細胞でウイルス癌を退治してくれる細胞です。

290/ulの平均値に対し248/ulしか有りませんでした。

小島瑠璃子ちゃんの「体温1℃アップ作戦」実践結果

体温:35.9℃(1日4回計測の平均値)→36.8℃(1日4回計測の平均値は36.5℃)
NK細胞:248/ul→290/ulとなり、平均値までアップし免疫が活性化された。

小島瑠璃子ちゃんの感想・・・手先が冷えてない感じがする。
              微熱と言われる程まで体温が上がったがスッキリしている。
スタジオの反応・・・顔色がよ良くなっている。

小島瑠璃子ちゃんの「蒸ししょうが」お薦めレシピ

・ふりかけ、ドレッシング、ジュースなど程よいスパイスになる。
・コーンスープ モデルの押切もえちゃんの感想は、スープに味馴染んで飲みやすく後味がピリっとする感じがアクセントに合って良い・
・しょうがやき、生姜スープ→「蒸ししょうが」パウダーを小さじ1/2入れる 
 ※生姜のダブル調味料効果で味が強調される。

石原新菜ドクターの著書にも蒸ししょうがのレシピ・食べ方が紹介されています。

オリーブオイルは体温を上げるスーパー調味料

松生恒夫ドクターがお薦めの調味料はオリーブオイルです。

松生恒夫ドクターはココアにちょい足しスタジオを唖然とさせました。

オリーブオイルは効能・効果

最強の温め調味料で、体に吸収されると薄く均一の油膜を作り保温持続効果がでるとの事で、
サラダ油は狭い油膜を作りますが オリーブオイルは薄く広がりフタとなると解説しました。

被験者で実験した所、ミネストローネにオリーブオイルを入れた場合、入れない場合を検査した結果
ミネストローネにオリーブオイルを入れた場合、1時間後ポカポカになった事が確認されました。

オリーブオイル お薦めレシピ オリバナナ

バナナをスライスして、大さじ1杯オリーブオイルをかけ、
3分焦げ目が付くくらいオーブンで温めるだけのシンプルさです。

蒸し生姜をかけてもアクセントになり美味しいと小堺一機さんが絶賛していました。

スポンサードリンク

まとめ

実は管理人も平熱が35℃台で37℃だと高熱でフラフラになります。

「蒸し生姜」は手軽に作れますし、
普段からパンにはオリーブオイルをかけて食べています。

バナナも大好きなので、「オリバナナ」を作って「蒸し生姜」パウダーをかけて
デザートとして頂きたいです。

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ