ナイナイアンサー 焼き梅干し あずきスープ2週間ダイエット レシピ 作り方 AKB 島田晴香 椿鬼奴 タオル1本エクササイズ 5月10日


AKB島田晴香2週間でウエスト-8.6センチ体重-3.1キロダイエットに成功

解決!ナイナイアンサー(2016年5月10日)は、食事制限なしお肉もOK2週間カンタンダイエットAKB島田晴香椿鬼奴が挑戦。

ラクやせ食材の「梅干し」「あずき」のレシピとタオル1本のダイエットエクササイズ(体操)が紹介されました。

スポンサードリンク

楽痩せ食材

楽痩せ食材で紹介されたのは「梅干し」「あずき」でした。

梅干しには、梅干しのみに含まれるバニリンという物質が含まれ、脂肪燃焼効果がある為、小腸から脂肪が燃焼さ脂肪細胞が刺激され脂肪が燃焼し、体重が減る事が判明しています。

あずきには、ポリフェノールが多く含まれており血糖値を下げる事により血流がよくなりカロリーが消費されやすくなります

楽痩せ食材のレシピ

梅干し小豆の簡単摂取のレシピを紹介します。

焼き梅干し レシピ

和歌山での調査で、1日3個以上梅干しを食べた人は、BMIの数値が低い事が統計により分かりました。
そこで梅干しのみに含まれるバニリンに注目が集まりました。

但し、摂取し過ぎると塩分過多になってしまうので1日3個で完結する様、バニリンを増やすレシピが紹介されました。

梅干しに含まれるバニリングルコシドは、分裂してバニリンになります。

作り方は簡単で、レンジを使い、500Wで1分間加熱するだけです♪

これだけで、バニリンが20%アップされ塩分過多になる事が防げます。

冷えてもバニリンは減ることは無いので冷蔵庫で保存が可能です。

血糖値を下げる魔法のあずきスープ レシピ

あずきを煮るだけですが、煮汁にポリフェノールは溶け出してしまうので魔法瓶で温めます。

①魔法瓶に乾燥小豆を50グラムいれます。

②塩を少々とコンソメキューブを1粒入れます。

③熱湯を400ミリリットルいれます。

④魔法瓶を横にした状態で一晩(6~7時間)放置します。

スポンサードリンク

残った小豆でヘルシー絶品レシピ

残った小豆には、実はゴボウの3倍、さつまいもの8倍の食物繊維が含まれており、水分を吸収し、便通を促進させ腸内環境整える効果があります。

あずき餃子

挽肉の代わりにあずきを入れるだけです。

餃子のタネの作り方は、あずきを、みじん切りにし、塩もみしたキャベツ・大葉・あずきを合わせ、にんにく・生姜を加え、よく混ぜあわし、餃子の皮で包み焼きあげて完成です。

あずきスープの味が小豆についているので下味は不要です。

※ニンニクには、血管拡張など血流がよくなり、基礎代謝が上がり、カロリー消費量が上昇し痩せやすくなります。

あずきミートパスタミートソース

挽肉の代わりに小豆が入っているだけです。

あずきハンバーグ

こちらも挽肉の代わりに小豆が入っているだけです。

※島田晴香さんは、お通じが良くないが便秘が解消されるという嬉しい副作用もありました。

ラクちん簡単エクササイズ

パーソナルトレーナーとして人気の相田直樹さんにエクササイズはタオルを使う事が特徴で、タオルを持つことにより軸が安定するポージングが出来ます。

ぷるぷる二の腕エクササイズ

①背中の後ろでタオルを垂直に
②左腕は下に付加をかけ右腕を上に上げます。

ぷるぷる二の腕の原因は、上腕三頭筋が衰え脂肪がたるむ為です。
このエクササイズで上腕三頭筋が効率よく鍛えられます。

上下運動10回左右入れ替え10回ずつを1日3セット行います。

ぽっこりお腹エクササイズ

片方の膝を床につけ、タオルをもったまま手はみぞおちの高さに固定し、顔は正面を向いたまま、腰をひねるだけで20回繰り返します。

左右2セット行います。

※タオルが無いと体幹がずれて安定しません。

スポンサードリンク

ダイエット実践結果

AKB島田晴香ダイエット結果

体重-3.1キロ
ウエスト -8.6センチ 3.1キロ

椿鬼奴ダイエット結果
体重58.7キロ→56.6キロ -2.1キロ

猫塾 田辺千香ダイエット結果
体重89.5キロ→84.8キロ -4.7キロ

ウエスト116.2センチ→105センチ -11.2センチ

中性脂肪 223mg/dl 149mg/dl(標準ギリギリ)

※お通じが良くなり体内から痩せていく事を実感したとの事です。

まとめ

あずきダイエットに関しては、NHKのあさイチ!でも「あずき茶」の特集が組まれ、こちらも魔法瓶でのレシピが紹介されていました。

コチラに記事がございますので是非、ご覧下さい。

本日は、当ブログをご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ