アンビリバボー カヌーマン事件 写真 ジョン・ダーウィンがパナマで撮影された画像 デイリーミラー 8月18日


アンビリバボー(2016年8月18日)はカヌーマン事件と呼ばれた保険金詐欺事件の真相に迫ります。

2002年刑務所の看守ジョン・ダーウィンが趣味であるシーカヤックで海にでかけ遭難し、翌2003年水死と判断され葬儀も行われ妻のアンには多額の保険金が入りました。
それから5年後なんとジョン・ダーウィンがロンドンの警察署に虚ろな目で現れました。
事故により障害で記憶喪失となり今まで彷徨っていたのです。

マスコミは「奇跡の生還劇」と報道、ジョン・ダーウィンは「カヌーマン」と呼ばれる様になりました。

スポンサードリンク

そんな中、ジョン・ダーウィンの妻アンを独占取材していたリー記者はインターネットで1枚の写真を入手しました。

2年前にパナマで撮影されたその写真は「奇跡の生還劇」を覆す内容だったのです!

関連記事:アンビリバボー8月18日放送2本目放送内容
アンビリバボー 養子縁組で5分で生き別れた娘ミシェルと母キャシーは美容院の元同僚?8月18日 奇跡の手紙と再会

カヌーマン事件とは?

2002年3月21日にイギリス北海沿岸ハートルプールで元刑務官ジョン・ダーウィンが趣味であるカヌー(カヤック)で海に行ったまま行方不明となり、妻のアンは地元の警察・クリーブランド署に通報しました。

しかし、ジョン・ダーウィンの捜索は実を結ばず、翌2003年水死と判断されました。

海難事故と判断された為、残された遺族である妻のアンは、死亡保険25万ポンド(当時のレートで約5400万円)以上に加え、夫の刑務官としての退職金、遺族年金を受取りました。

失意の妻のアンは、葬儀が遺体が無いまま行われた後ハートルプールの家を売却しパナマに移住しました。

記憶喪失の男・奇跡の生還

ジョン・ダーウィンの水難事故から5年後の2007年12月、ロンドンの警察署に一人の男が警察署を訪れました。

そして、その男は応対した警察官に「自分には2000年から記憶がなく、今まで何処で何をしていたかが思い出せない」と明かしました。

その警察官は5年前に起きたジョン・ダーウィンのカヌーの海難事故を覚えており、背格好や人相から行方不明となったジョン・ダーウィンでは無いかと気付きました。

警察は調査の結果カヌーの海難事故に会ったジョン・ダーウィンは死んでおらず、事故による記憶喪失で彷徨い続けていたと断定。

そして2人の息子たちマークとアンソニーと再開し子供たちを驚かせました。

この事はイギリス・マスコミの知る所となりこぞって奇跡の生還」と報道し、ジョン・ダーウィンは「カヌーマン」として一躍時の人となりました。

しかし、この「奇跡の生還」劇の裏ではクリーブランド署は、ジョン・ダーウィンは記憶喪失では無いとの疑いも持っていたのでした・・・。

スポンサードリンク

カヌーマンと妻アンの逮捕

2007年12月9日パナマでのワーキングビザ、パスポートの更新の為イギリスへ一時帰国した妻アンはヒースロー空港で逮捕されました。

その容疑は、保険金詐欺マネー・ロンダリングの容疑でした!

そしてカヌーマンも息子アンソニーの家で旅券不正申請罪送金詐取罪で逮捕

tai-ho

実はクリーブランド署はジョン・ダーウィンが「ジョン・ジョーンズ」の偽名を使いパスポートを作成し、パナマに渡航していた事を掴み、妻アンと会っていた事を内定していました。

裏付けとしてある1枚の写真が存在したのです!

パナマで記念撮影された写真

スポンサードリンク

忍者屋敷の様な隠れ家

「ジョン・ジョーンズ」の偽名を使いパナマに渡るまでの間ジョン・ダーウィンは何処で生活していたのでしょうか?

実はジョン・ダーウィン海難事故が認定され保険金がおりるまでの時間、Seaton Carew(シートン クリュー)に所有する自宅の壁には穴が壁に空いていて、隣の隠し部屋の「ベッドシット(Bedsit)」に繋がっており洋服箪笥で穴が見えないようにし隠れ住んでいたのでした!

kakusi-beya

※bedsit flats(イギリスのアパートの様な寝室兼居間の形式の住宅)

SeatonCarewTeesside

後で判明した事ですがジョン・ダーウィンが大家として所有する住人のリー・ドロップ氏に見つかっていますがリー氏は厄介事に巻き込まれたくないとの理由で警察には通報しませんでした。

ダーウィン夫婦に下された判決

カヌーマン事件の真相・何故保険金詐欺を?

ジョン・ダーウィンには1万ポンド(当時のレートで約230万円)の借金がありました。
25万ポンド(当時のレートで約5400万円)の内、1万ポンドは借金の穴埋め、15万5000ポンド(当時のレートで約3565万円)をで海難事故を装い妻のアン被告が保険金を騙しとったと供述しました。

わざわざイギリスに戻り記憶喪失を装ったのは、パナマに移住するには「投資家移住ビザ」が必要となるので、偽名の「ジョンジョーンズ」ではビザが取得できない!

・・・それならと思いついたのが、ジョン・ダーウィンは生きていて記憶喪失で彷徨い続けていたというシナリオを思いついたのでした。

そして、ジョン・ダーウィンの名で資家移住ビザを取得し、パナマへの移住を計画したのでした!

アンビリバボー 養子縁組で5分で生き別れた娘ミシェルと母キャシーは美容院の元同僚?8月18日 奇跡の手紙と再会

まとめ

この事件で何も知らされていない二人の息子マークとアンソニーは父親との再開を喜びましたが、詐欺事件起こしていた事に傷づいて、仕事も辞めるなど家庭崩壊を招いてしまった悲しい事件でもあります。

最後にデイリーミラー誌のWEBニュースで取り上げられた「カヌーマン事件」の動画を掲載いたします。

関連記事:アンビリバボー8月18日放送2本目放送内容
アンビリバボー 養子縁組で5分で生き別れた娘ミシェルと母キャシーは美容院の元同僚?8月18日 奇跡の手紙と再会

本日は、当ブログをご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

目次

このページの先頭へ